otameshi480.gif

2016年01月18日

オリゴ糖は胃腸の働きをスムーズにします

無理なダイエットのしすぎで生命に関わる重大な病気になることもあります。お腹や胃腸の調子が悪いので今までコーヒーを飲む時に入れていた砂糖をオリゴ糖シロップに変えました。それに伴う後遺症も深刻ですので無理は禁物です。

善玉菌というのは乳酸菌やビフィズス菌などのことで乳酸や酢酸などの有機酸を作り出します。オリゴ糖を入れた野菜スープでダイエットしましょう。大人の方も悩んでいる方多いですが、子供さんは自分で解決ができないので大変です。

オリゴ糖の目安として1日ティースプーン2〜3杯ということで使っていますが、それだけでは甘味が足りません。オリゴ糖は砂糖に比べると甘みが控えめです。便秘に悩んでいた人や市販の薬では改善されなかった人にオリゴ糖はおススメです。

オリゴ糖は胃腸の働きをスムーズにしてくれ、消化を助けてくれます。甜菜糖を使ってみては。甜菜等にもオリゴ糖がはいっていますし、天然ミネラルを適度に含んでいます。飛躍的に運動量と食事の量が増えて便秘が解消されるケースもあります。

甜菜糖でお腹がグルグル鳴ったことはありません。便秘になってしまうとどうしても薬などに頼りがちになってしまいます。薄着になる季節になると気になるのがお腹のまわりの脂肪です。シロップ状のものは純粋なオリゴ糖ではなく甘めの糖分が入っているものも多いのです。

頑固な便秘にはオリゴ糖がおすすめです。腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。高齢者の方が、安心・安全にスッキリ解消したいなら、便秘薬などの薬ではなく試してみてほしい方法があります。砂糖で便秘が改善するということはありません。

オリゴ糖の摂取量は1日3〜5g程度で十分だそうです。甜菜糖100g中に含まれるオリゴ糖は5gなので最大100gくらいは大丈夫、ということになります。ダイエットしている間はフライなどの揚げ物やパンなど小麦粉を使った食べ物は禁止です。

足の中でも特に太ももの場合はダイエットがなかなかむずかしく、部分やせの結果を簡単に出すことができないということは忘れてはなりません。オリゴ糖で足りない甘みは通常の砂糖を使われてはいかがですか。必要以上に摂取しても意味ありませんし。

origootameshi300.gif
ラベル:胃腸
posted by 多糸好山山 at 13:13| 評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする